徳島人工呼吸セミナーとは

人工呼吸は呼吸困難な患者さんに対して日々、医療施設において行われており、
今では在宅医療の現場でも行われています。

しかし、その手技や管理方法はそれぞれに違いがあり、
ともすると生命維持装置である人工呼吸器は、管理を間違えば重大に事故にも繋がりかねないものになります。
そして、そのせいか扱う機会の少ない現場では、慎重になりすぎたり、苦手意識を持たれたりする方が多いという実態があります。

徳島人工呼吸セミナーは、
人工呼吸管理の基本から、グラフィックモニターの見方、トラブルシューティングなど救急医療の現場で培ったノウハウを、医師と看護師、理学療法士、臨床工学技士の方、他医療に携わる方々に広く伝えることを目的として行なっています。